ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこうの試し読みができます!
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
発達と障害を考える本(4) ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

発達と障害を考える本(4) ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち

監修: 内山 登紀夫
編: 高山 恵子(えじそんくらぶ )
監修: 内山 登紀夫
編: 高山 恵子(えじそんくらぶ )
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年06月
ISBN: 9784623045891

AB・56ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

自分をコントロールする力が弱く、注意欠陥または多動性・衝動性が行動にあらわれる……それがADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだちの特徴です。
この絵本は、「なるほど、おともだちのふしぎな行動には、こんな理由があるんだ。じゃあ、こうすればもっと楽しく過ごせるね!」……そんな気づきをもたらします。

学校やおうちでよく見られるケースをイラストでわかりやすく伝え、学校の授業や暮らしの中でできる工夫を具体的に紹介。子どもと大人がいっしょに考え学べる工夫がいっぱい!

■もくじ――
第1章 どうしよう!?こんなとき
しょうたくんの場合――わすれものが多すぎる
だいきくんの場合――あちこち歩き回る
あやかさんの場合――また約束をすっぽかした
ひとみさんの場合――教室からいなくなる
こうすけくんの場合――休み時間にけんかばかり
ふりかえってみよう

第2章 ADHDって何?
○ADHDは行動面にあらわれる障害
○いろいろなADHDのあらわれ方
○ADHDの人とつきあうには
○ADHDとほかの障害
○ADHDの人が大人になると
○ADHDをもっと知ろう

保護者の方へ
参考資料など

ベストレビュー

子ども向けに書かれたものですが大人も是非

この本のシリーズは、小学生の子どもをターゲットしているので、漢字にもルビがふられていますし、イラストも多く、とても分かりやすく書かれています。

ADHDという障がいに関しては、小学校の子どもでももしかしたら言葉くらいは聞いたことがある子もいるかもしれません。
そして、もしかしたら、クラスにも、なんかみんなと違うと感じる、忘れっぽい子や、相手のお話を聞かずに自分のことばかり喋る子もいるかもしれません。
どこにでもいるような子5人が主人公です。

この本を読んだきっかけは私自身が自分の仕事上で、もっと子どものことを理解したいという思いがあったからです。
色々な本を読んできましたが、子供向けに書かれているからと言って侮れない内容の充実度です。

生きにくさを感じている子は結構いると思います。
そんな子ども達へも理解を示し、少しでも有意義な生活を送れるようにはどうすればいいのか?改めて考えることが出来ました。

他のシリーズもあわせて為になりました。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

内山 登紀夫さんのその他の作品

発達と障害を考える本(3) ふしぎだね!? LD(学習障害)のおともだち



>絵本エイド ―こころにひかりを―

発達と障害を考える本(4) ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット