しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
ルーシーと宝さがしの旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルーシーと宝さがしの旅

作: フロランス・グラジア
絵: イザベル・シャルリー
訳: 高田万由子
出版社: アシェット婦人画報社

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ルーシーと宝さがしの旅」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

“えがおの歯医者さん”を開いたものの、仕事、仕事で疲れきってしまったみどりのワニ、アリステールは、親友のねずみ、ルーシーと船で冒険の旅に出かけることにしました。なんと、行き先は、かいぞくの島!そこは赤道のすぐ近くで、景色もすばらしいところなのですが、何百年も昔の古い宝を持っているという、おそろしいかいぞくがあらわれて……。冒険家気分だったアリステールとルーシーは、もうびっくりぎょうてん!

ベストレビュー

嬉しい続編

「前回までのおはなし」と解釈もあり、とても嬉しかったです。

やっぱり、続編は読みたいから嬉しいです。

前回の「えがおの歯医者さん」は、勿論読みました。

その続きが、やっぱり知りたくてドキドキしました。

緑色のワニ、アリステールが今回の命がけの船旅についてきてくれたか

ら、ルーシーにとって一番大切な、かけがえのない友達と確認出来た事

が読んでいても嬉しかったです。

愛嬌のある絵もとっても微笑ましかったです。

益々仲良くなった二人ですから、一緒に生活していても楽しいし、また

の続編も期待してます。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

フロランス・グラジアさんのその他の作品

ルーシーとえがおの歯医者さん / ワニのアリステール

高田万由子さんのその他の作品

ドレミ わたしの バイオリン



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ルーシーと宝さがしの旅

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット