大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
げんきをだしてねかえるくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

げんきをだしてねかえるくん

  • 絵本
作・絵: マックス・ベルジュイス
訳: 清水 奈緒子
出版社: らんか社 らんか社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「げんきをだしてねかえるくん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

 冬が苦手なかえるくん。ウサギ、アヒル、ブタなどいつもの仲間があたたかく応援します。冬を乗り切ったかえるくんの部屋に、まぶしい太陽の光がさしこみました。

ベストレビュー

本能のまま生きるかえるくん

かえるくんシリーズの一冊です。
今回のかえるくんは、自分の苦手な冬がやってきたので、とても元気がありません。
いつもの友だちが冬を満喫しているのを見、一緒に遊んでくれても、かえるくんはちっとも幸せではありません。
とにかくかえるくんは冬の間は、「ぼくはつるつるの体で毛皮なんてないんだから・・・」とずっと文句を言っていて、ずっと不機嫌なのです。
全身から“ぼくって不幸”という光線を出しているので、読んでるこちらはちょっとイライラしたりもします。
そして春がやって来た途端、かえるくんは元気になり、「つるつるのかえるでよかったな」なんて跳ねまわるのです。

普通、本の世界では、苦手なものでも友だちの力を借りて克服し、結局「案外冬っていいものだな」なんて結末になるのですが、この本ではかえるくんは克服なんて絶対にしないのです。
これがかえってうそ臭くなく、かえるくんの本能を描ききっていて凄いとさえ思ってしまいます。
学習しないし、前向きにもならないかえるくんですが、かえるであることを十分に満喫しているのが伝わってきます。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子8歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

マックス・ベルジュイスさんのその他の作品

たいせつなてがみ / かえるくんはかえるくん 改訂版 / 男の子とおおきなさかな / かえるくんどうしたの 改訂版 / かえるくんは かなしい / かえるくんのたからさがし

清水 奈緒子さんのその他の作品

ぼくはことり / ササフラス・スプリングスの七不思議 / はたけしごとにとりかかろう / ポプラポケット文庫 クリスマス・キャロル / こちらゆかいな窓ふき会社 / 世界の名作文庫 クリスマス・キャロル



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

げんきをだしてねかえるくん

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット