ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
とおいとおい 北の国の ちいさな ほら話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とおいとおい 北の国の ちいさな ほら話

作・絵: ピーター・シス
訳: 松田 素子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

1893年、ヨーロッパでの暗い生活に嫌気がさした男は、新しい生き方を求めてはるかな北の国をめざしました。3年の歳月をかけてアラスカにたどりついた彼は、エスキモーの人々と出会い、しだいにその生活になじんでいきます。ところがある日、金を掘りあてようとするよそ者たちが押しかけて…。エスキモーの平和な暮しを守るため、男が考えた方法とは?作者ピーター・シスが、母国チェコの民謡に語りつがれる冒険家 Jan Welzl の数々の探検記をもとに、実話とほら話を織りまぜて描き起こしたアークティック・オデッセイ。

ベストレビュー

誰も知らない旅のお話

ヤン・ヴェルズルというチェコの伝説の英雄のお話。
故郷のヨーロッパを出て、極北(北極ではない)の地をめざし、30年におよぶ長い旅を経て書かれた回想録に事実とほら話、ヴェルズル自身の言葉をまぜて作られた物語です。

ヴェルズルは極北を目指す途中の吹雪の中、遭難してしまいます。死にかけた彼を助けてくれたのはエスキモーの狩人たちでした。元気になったヴェルズルはそこに住むようになり、エスキモーたちから多くのことを学びました。お返しに彼は、ゴールドラッシュと毛皮取引のためにやってきたよそ者たちの収奪からエスキモーの人たちを守りました。

『ほら話』とあるように、時にあれれと思うような話が出てくるのですが、それも愛嬌。それよりも自然を愛する人たちの純粋さやその命の恩人たちを守ろうとするヴェルズルの心が強く伝わってきます。
絵も抑え目の色調ですが、彼らの生活が丹念に描かれていたり、パノラマ図のようになっていたりと、それぞれのページを楽しめます。
(たれ耳ウサギさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子13歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

ピーター・シスさんのその他の作品

飛行士と星の王子さま サン=テグジュペリの生涯 / マドレンカ サッカーだいすき! / 身がわり王子と大どろぼう / かべ―鉄のカーテンのむこうに育って / モーツァルトくん、あ・そ・ぼ! / かかし

松田 素子さんのその他の作品

エステバンとカブトムシ / オチビサンの ひみつの はらっぱ / わたしは樹だ / オセアノ号、海へ! / ナマケモノのいる森で / ヤモリの指から不思議なテープ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

とおいとおい 北の国の ちいさな ほら話

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット