くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【2018入園入学フェアOPEN!】贈り物にぴったりの絵本・図鑑・読み物をご紹介しています♪
だいじな、だいじな!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいじな、だいじな!

作・絵: ジョナサン・ラングレー
訳: まつかわ まゆみ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784566007215

幼児〜

出版社からの紹介

デイジーとネコのルパンは、とってもなかよし。ある日、デイジーがいない! ルパンがいない! デイジーをさがすルパン。ルパンをさがすデイジー。どこ、いっちゃったの? デイジーとネコのルパンの、かわいいユーモラスなお話。

ベストレビュー

画面割りが 面白いんです

 デイジーとネコのルパンは、とっても仲良し。
 デイジーが幼稚園から帰る頃、ルパンは道の角までむかえに出るくらい。
 夏休みに入り、デイジーの幼稚園はお休みです。
 でもルパンは、そのことを知らなかったので…。
 
 デイジーの様子とルパンの様子を、上下や左右に分け描いている画面割りが、面白いんです。
 
 夏休みに入って、デイジーとルパンが互いにさがし心配しているページは、笑いながらも夢中で見ていました。
 タイトルの意味が読後よ〜く解りました。
 とにかくネコのルパンが魅力的です。
 ルックスも表情も、する事も。
 「もう一回」と言って、眠る前に三度は読みましたねぇ。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョナサン・ラングレーさんのその他の作品

ヘンゼルとグレーテルのおはなし / さんびきのくまとおんなのこ

まつかわ まゆみさんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 ねえ、どれがいい? Would you rather… / ニニ、まいごになる / 3びきのくま / だいすきだよ ぼくの ともだち / ニニのゆめのたび / きずついたつばさをなおすには



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

だいじな、だいじな!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット