貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ボビンとプッチのアンティークやさん あしたはバザーのひ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボビンとプッチのアンティークやさん あしたはバザーのひ

作・絵: スズキ タカオ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ボビンとプッチのアンティークやさん あしたはバザーのひ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ねこのボビンとねずみのプッチは、“いらないもの”を集めて交換しあう、ユニークなバザーを開くことにしました。シリーズ第3弾。

ベストレビュー

リサイクル

私はフリマやバザーが大好きです。
掘り出し物を見つけるのも好きだし、手作り品の、おしゃれで温かみのあるところも大好き。
そしてなにより、リサイクルはよいことです。
そしてうちの子供も、連れて行かれるうちに、大好きになってきたらしい。
最近、リサイクルに関するビデオを見たせいか、いやいや、やっぱり中古の玩具や絵本を買ってもらえるせいか…

で、そんな彼が、大好きなボビンとプッチがバザーを開くこの絵本、もちろん見逃すはずがありません。
あとがきの、作者紹介に出てくるホームページをすかさず見つけて、「見せて見せて」とおねだりする程、好きなシリーズですし。

今回ボビンとプッチは、バザーを開くことになりました。
町のみんなから、要らないものを集めます。
リサイクルの精神が、よく描かれているので、子供にも分かりやすいと思います。

ただね、やっぱりこのシリーズは、大人が読むと、「絵」を見る絵本だな、と思うんですね。
お話がちょっと、絵におっついていないというか。
学者のうまおじさんのお家のガラクタ、ついこれが何か騒動を引き起こすんじゃ、と大人は思ってしまうのですが、
そのままスルーなんですね。
そこに物足りなさを感じます。

でも…子供はやっぱり大好きなんです。
まあ、絵本は大人のためのものでもありますが、
大方は子供が楽しむためのものですから、こんな絵本のありかたも、もちろんいいと、思います。

(だけど…うまおじさんちのガラクタが…ブツブツ)←しつこい
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


スズキ タカオさんのその他の作品

ボビンとプッチのアンティークやさん まんげつのよるのゆめ / ボビンとプッチのアンティークやさん



投票ランキング発表!受賞レビューも決定

ボビンとプッチのアンティークやさん あしたはバザーのひ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット