あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ガラスのジゼル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ガラスのジゼル

作・絵: ベアトリーチェ・アレマーニャ
出版社: 編集工房くう

本体価格: ¥2,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ガラスのジゼル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ジゼルはガラスの少女。その思いはすべて透けて見えてしまう。
はかなく透きとおった、そして鋭くとがったジゼルの心と体を、
本文の一部にトレーシングペーパーを用いて表現したガラスのような絵本。
絵本とアート本の境界に位置する一冊です。

ベストレビュー

絵本版サトラレ?

ちょっと前にブームになった、思っていることが周囲の人に全部聞こえてしまうというサトラレの話ととても設定が似てますね。

ガラスでできた美しい子供ジゼル。だけど頭のなかも透き通って見えてしまう。いいことも、悪いことも。
周囲の人々に疎まれジゼルは町を出たが、どこへ行っても異端児扱い。結局ジゼルは誰からも受け入れられないまま今もなお旅を続けている…。

救いがないですね。異質なものを嫌うのは人間社会の真理でもありますが、ちょっと子供に読ませるのは厳しすぎるかな…。
もし自分は変だと感じている子供が読んだら、社会への期待が持てず人間不信になってしまいそうです。
絵もダークな色合いなので子供向きじゃないですね。

ただ、大人が読むアート本としてなら、ジゼルのはかなげな感じもいいですし、ちょっとシュールな終わり方も受け入れられますし、絵も60年代風おしゃれな感じでなかなかいい作品だと思います。
(エレンディラさん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ベアトリーチェ・アレマーニャさんのその他の作品

もうふのなかのダニィたち / カール・イブー



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ガラスのジゼル

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット