ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
かんさつだいすきかんこちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かんさつだいすきかんこちゃん

  • 絵本
作・絵: かわかみ たかこ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「かんさつだいすきかんこちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

かんこちゃんの楽しくて不思議な観察絵本。

かんこちゃんは、虫眼鏡を持って観察するのが大好きな女の子。観察しているものの世界へ入っていき、いろいろな楽しいことが起こるのです。観察することのおもしろさ、想像力を広げることのすばらしさを伝えます。

ベストレビュー

くろまる危機一髪

表紙はピンクで女の子が喜びそうですが、中身のお話は、うちの息子も気に入って何度も読んでいました。こん虫や水たまりといった男の子でも大好きなものがいっぱい出てくるのもうれしかったようです。
なかでもありんこのお話はお気に入りで、すいかのシーソーにかき氷のすべり台と、うらやましそうにながめていました。
私は「くろまるのゆめ」のお話の怖さにちょっと背筋が凍りました。お祭りで買ってもらった人形が実はおばけだったなんていやだ〜。くろまるは間一髪で助かったけれど、このあとあの人形はどうなってしまったのか気になるところです。
1冊で短いお話が5つも入っていて、大満足の絵本でした。
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かわかみ たかこさんのその他の作品

にじさん にじさん どこいった / 歯っかけアーメンさま / アリとキリギリス / マルゲリータのまるちゃん / こんばんは あおこさん / ことり文庫 フライ姫、どこにもない島へ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

かんさつだいすきかんこちゃん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット