ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
満月の夜の伝説
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

満月の夜の伝説

作: ミヒャエル・エンデ
絵: ビネッテ・シュレーダー
訳: 佐藤 真理子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,400 +税

「満月の夜の伝説」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

森の奥深くの洞穴に聖なる時の訪れを待つ隠者がいた.そこに盗賊がやって来て,隠者の弟子となる.だが,盗賊は師の言いつけを破り,とんでもないことをしでかすが…….幻想的な絵に彩られたエンデの新しい魅力.

ベストレビュー

歯ごたえのある大人の絵本

少し不気味さも感じさせる深い深い大人の絵本。
極めて哲学的な趣を感じます。
人里離れた山奥に住む敬虔な隠者と仲間から追われて孤独に生きる盗賊が出会い、盗賊は隠者の弟子となります。
恋人に結婚直前に出奔され、自分の出自に原罪を悟った末、世捨て人ととして哲学書をあさった上で流浪の旅の挙句に隠者となった男、恋人を辱めた相手を怒りのあまりに殺したことから社会の逸脱者となった男、ともに道さえ違わねば隠者とも悪人ともならなかったのでしょう。
二人の行きついたところは、魂を救済されたいという自己昇華の世界。

書物で読んだならば難解なお話ではありますが、エンデは多少判りやすくまとめているのと、シュレーダーの絵によって近寄り難さを食い止めている作品です。
盗賊が師の言いつけを守らずに見たものと、隠者の言葉に物語としての奥深さを感じました。

(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ミヒャエル・エンデさんのその他の作品

はだかのサイ / ジム・ボタンと13人の海賊 / ジム・ボタンの機関車大旅行 / ジム・ボタンのたびだち / ジム・ボタンがやってきた / 影の縫製機

ビネッテ・シュレーダーさんのその他の作品

美女と野獣 / ラウラとふしぎなたまご / グリム童話 かえるの王さま / ほらふき男爵の冒険 / わにくん / ぞうさんレレブム

佐藤 真理子さんのその他の作品

岩波少年文庫 502 はてしない物語 下 / 岩波少年文庫 501 はてしない物語 上 / はてしない物語 / 父への四つの質問 / ゆめくい小人



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

満月の夜の伝説

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット