アリとくらすむし アリとくらすむし
写真・文: 島田 たく  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
アリとくらす、知られざるむしたちにせまる写真絵本。アリに姿をにせて身をかくすむしや、アリと助けあうむしなど、驚きの姿を大紹介!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
新訳チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新訳チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち

  • 絵本
作・絵: エドゥアルド・ウスペンスキー
訳: 児島宏子
出版社: 平凡社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「新訳チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

南の国からオレンジの箱に入ってやってきた、不思議な友だちチェブラーシュカ。ロシアアニメでおなじみのチェブラーシュカの原作に、かわいいイラストがたっぷり入ったオリジナル挿絵本がついに登場。

ベストレビュー

チェブラーシュカ初心者におすすめ!

オレンジの箱とともに輸出されてきたらしい謎の生き物がチェブラーシュカと名づけられ、動物園も満員だからとお店の宣伝係として古い電話ボックスを家としてもらうことに、、、。友達が欲しいワニのゲーナは募集広告を出しますが、ガーリャという女の子と、チェブラーシュカが遊びにきます。小さくて可愛いと育ててもらった子犬のトービクが大きくなって可愛くなくなったからと捨てられてしまい、チェブラーシュカと道端で出あって、友達を欲しがっていたライオンのチャンドルに引き合わせます。それがきっかけとなり、たくさんの友達と一緒に「なかよしの家」を作り、友達が欲しい人同士を引き合わせることに。

「ビブリア古書堂の事件手帖」で出てきたところから、詳しい話を読んでみたくなって読んだのですが、細かい設定が分かってなかなかよかったです。中の挿絵も私たちが良く知るチェブラーシュカの絵なので、分かりやすいです。なかよしの友達を探すというのは実は難しいけど、なんとか友情をはぐくんでいく姿はなんだか、癒されます。

あと、意地悪ばあさんのシャパクリャークを風船で飛ばしてしまったり、結構ワンパクなこともしているので無害そうなチェブラーシュカのいろんな面を見れたのは興味深かったです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エドゥアルド・ウスペンスキーさんのその他の作品

チェブラーシカはじめてのりょこう / チェブラーシカ

児島宏子さんのその他の作品

どうぶつ こんにちは / だれの くるま?



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

新訳チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット