なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やかましやさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

児島宏子

児島宏子

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

どうぶつ こんにちは

どうぶつ こんにちは

文:児島宏子  案・絵:フランチェスカ・ヤールブソワ  出版社:福音館書店  本体価格:¥390+税  
発行日:2012年07月
だれの くるま?

だれの くるま?

作・絵:ニコライ・ポポフ  訳:児島宏子  出版社:福音館書店  本体価格:¥362+税  
発行日:2007年12月
新訳チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち

新訳チェブラーシュカ ワニのゲーナとおともだち

作・絵:エドゥアルド・ウスペンスキー  訳:児島宏子  出版社:平凡社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2002年  ISBN:9784582831306

3件見つかりました

児島宏子さんの作品のみんなの声

  • 牧場の動物がいっぱい

    通常の動物系の絵本とは少し登場する動物が変わっている。 決して認知度が低いものではないけど、どっちかというと牧場というか森というかそっちの動物がいっぱい登場する。 チャボのようなおんどり(白色・・・続きを読む

  • いきもの

    おはようのおんどりさんから始まり、おやすみなさいのふくろうさんまで… 色んな動物に出会える絵本です。 ごはんを食べたり、歌をうたったり、走り回ったり… 生き物はみんな同じように、こうして・・・続きを読む

  • おはよう

    こけこっこーという鳴き声、おはよう、ではじまったこの本は最後はおやすみなさい、と終わっていくのでとっても気持ちが静まる本だなとおもいました。小さな子がよく知っている、いぬ、ぶた、がとても繊細なタッチで・・・続きを読む

  • 子供と当てっこ。

    今3歳の次女がとってもはまってる1冊です。前から持ってるのですが、いろんな動物たちが車にのっていて、だれの車か当てる絵本です。 絵もとってもおしゃれです。最近当てっこするのと同時に文字数も少ない・・・続きを読む

  • 一日のリズムを動物とともに

    動物と一緒に一日を過ごしていきます。 いろいろな動物が出てくるので、単純に小さいこどもも楽しめる。 リアルなイラストで描かれているので、動物の特徴や鳴き声がわかる。 「おはよう」「こんにちは・・・続きを読む


『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット