あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
新装版 さばくの きょうりゅう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

新装版 さばくの きょうりゅう

  • 絵本
作: 田島 伸二
絵: 康禹鉉
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「新装版 さばくの きょうりゅう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

人間たちの争いに涙する恐竜の願いは平和!
戦争を考える絵本の復刊!
平和な砂漠で起きた人間たちの血みどろの争いのために、1億年の眠りを破られた恐竜の、巨大な涙!
講談社出版文化賞絵本賞受賞作!

ベストレビュー

平和を望むこころ・・伝えなくては

昨日、一年生の息子が学校で、先生に戦争のお話を聞いたことを話してくれました。
いい機会だと思い、2年前に亡くなった、曽祖父も戦争に行っていたことなど、今まで離したことのない戦争について話を二人でしました。

「君たちが大人になっても、戦争はしてはいけないよ」

戦争の知らない私が言うのも、説得力のない話ですが、それでも伝えていかなくてはいけない大切なことです。
今になって、もっと、じいちゃんに話を聞けばよかった・・・と思ってしまいます。

そんな時、ちょうどこの本を読みました。

無意味な争いの中で、殺しあってしまう、哀れな人間のお話です。
戦争・・というのは少し違いますが、個人の欲望のために身を滅ぼす様子が、わかりやすく描かれています。

この本で、きょうりゅうが涙を流して嘆いているように、私のじいちゃんもそのまたじいちゃんも、そのまたご先祖様たちも、つねに世界のどこかで争いが起きている「今」を嘆いているだろうな・・と思います。

子供たちの時代の平和を祈りつつ、戦争を知らない私でも伝えなくてはいけないな、と実感しました。
(はらぺこむしむしさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

田島 伸二さんのその他の作品

ガウディの青い海 / 10にんのきこり / ウサギとカメ / 沈黙の珊瑚礁



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

新装版 さばくの きょうりゅう

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット