しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ぼくのさんりんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのさんりんしゃ

作・絵: 津田 櫓冬
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥728 +税

「ぼくのさんりんしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

やっぱりぼくのだもん!と大事に

3歳1ヶ月の息子に読んでやりました。三輪車で遊ぶのがまっさかりの年頃で、外にいけばすぐ三輪車。でもそろそろ自転車かなーと思っているので、自転車に夢中になると三輪車はどうなるのだろう?と。

そんな心配を絵本にしたのがこの絵本。主人公はもう少し大きい子だけれど、自らの判断で三輪車はいらないからとゴミ置き場においたものの、それらを乗りたいと集まってくる様々な動物には、色々な理由をつけてあげないのです。そして、そんな会話をつづけているうちに、やっぱり思い出のいっぱいつまった三輪車を処分することはできない!と持ってかえってしまうお話です。

いざ処分するとなると、三輪車に限らず後ろ髪をひかれる思いをします。それを子どもの視点で捉えたのがこの本ですね。動物たちの申し出に色々な理由?理屈?をつけて断っている様子は、エンディングを予想できますが、愛着心がどんどん植えつけられていく様子でもありますね。子どもらしい行動だと思いました。

自分が納得するまで処分はしない、というそういう気持ちをできる限り尊重してやりたいと思いました。処分するのは意外と簡単ですが、思いを断ち切るのは大変ですから。息子はこの本を読んでやりどう思ったかはわかりませんが、いずれ同じ様な状況になるんだろうなーと思いました。親としてもどこまで付き合ってあげたらいいのかまだわかりませんが、本人の気持ちを大切にしてあげたいとは思いました。
(minatsuさん 30代・ママ 男の子3歳)

出版社おすすめ


津田 櫓冬さんのその他の作品

カッチン / トントコトンがあいずだよ / クオ・ヴァディス(下) / クオ・ヴァディス(上) / ぼくの わたしの こんちゅうえん / ぼくの わたしの すいぞくかん



たたかえ!じんるいのために!

ぼくのさんりんしゃ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット