雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
リサの小さなともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リサの小さなともだち

作: ジョック・カール
絵: バーナデット・ワッツ
訳: ささき たづこ
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リサの小さなともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

大きな森の中の小さな家に、おこりんぼのきこりのテオと奥さんのリサが住んでいました。

ベストレビュー

生き物に分け与える気持ち

とてもきれいな絵です。
外国の昔話なのかな?
リサは優しい人で、森で見つけたおなかをすかせた動物たちを
連れて帰り、食べ物を与えます。
でもテオは、リサに嫌味を言うだけです。
不機嫌で文句しか言わない嫌な人なのです。
ある日、リサとテオはお城に閉じ込められました。
理由はテオの性格が悪いから。らしいのですが、このへんがよくわからなかったです。
大切なところは、リサが面倒を見ていた4匹の動物たちが
めんどり、ねずみ、うさぎ、リスが相談してリサを助けたところです。
とらえられたからか、助けられたことでか、わかりませんが、テオも突然いいひとになりました。
リサが貧しくても、生き物を大切にする気持ちは美しいです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!

バーナデット・ワッツさんのその他の作品

子うさぎジャックと ひとりぼっちのかかし / 金のおさら / ピーター / イギリス民話 3びきのくま 新装版 / しあわせなハンス / うできき4人きょうだい

ささき たづこさんのその他の作品

おばあちゃんがいなくなっても… / はっぱをつかまえて! / キッカーズ!(6) めざせ、優勝だ! / キッカーズ!(5) 練習場が見つからない / キッカーズ!(4) 仲間われの危機 / キッカーズ!(3) 小学校対抗サッカー大会



いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

リサの小さなともだち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット