虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
小さなピスケのはじめてのともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さなピスケのはじめてのともだち

  • 絵本
作・絵: 二木 真希子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「小さなピスケのはじめてのともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784591055663

2歳〜5歳

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある夜、ピスケは巣から落ちたカラスの赤ちゃんをみつけました。「はじめてのたび」に続いて美しい自然の中で展開するピスケのお話。

ベストレビュー

出会いを大切に。

小さなピスケが助けたのは、カラスの子でした。

ピスケは、親元から離れてひとりで生活をしています。
そのピスケの生活を、繊細に丁寧に描かれていて、
読み進めていくうちに、いつの間にかピスケと同化していきます。

ピスケの頑張りや優しさが、時として裏切られることもある。
それでも、こだわりを捨てたとき、気分が楽になったし、
友達が側にいることで、心が穏やかになっていった。
ピスケとカラスは危険な関係だけど、このカラスの子とピスケにとっては関係ない。
二匹が寄り添って座っているシーンは、とても穏やかです。
こういう関係ってとてもいいなぁと思います。

美しい自然の中で繰り広げる小さな出来事。
そこには、確かに小さなピスケが生きていて、頑張って生活しています。
これからも、静かに見守っていきたくなるようなおはなしでした。
(多夢さん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


二木 真希子さんのその他の作品

増補改訂版 「守り人」のすべて / 軽装版 炎路を行く者 ―守り人作品集― / 炎路を行く者−守り人作品集− / 「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド / 軽装版 流れ行く者 守り人短編集 / 軽装版 天と地の守り人 第三部 新ヨゴ皇国編



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

小さなピスケのはじめてのともだち

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット