あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
十一月の扉
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

十一月の扉

  • 絵本
作: 高楼 方子
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「十一月の扉」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

転校を両親から告げられる少し前に見つけた素敵な下宿屋「十一月荘」で、「二学期が終わるまでここで暮らしたい」と、中学生の主人公「爽子(ソウコ)」は両親を説得しました。そしてたった2ヶ月間だけど、そこで出会った素敵な人達に囲まれて爽子は自分のこれからの「生き方」について考えを深めていきます。そして、この「十一月の扉」の物語と一緒に、爽子の創った「ドードーの森」の童話の世界も膨らんでいきます…。

ベストレビュー

少女の暮らし

たかどのさんが児童書を書かれていることを知らなかった私です。
絵本「まあちゃんのながいかみ」はとても素敵だったけれど、こ
の本もとても素敵でした。
少女が日々夢見ること、やりたいこと、やっていること、好きに
なるものが十一月の重たい空気の中で、派手になりすぎることな
く、でもきらきらと輝いているように思えて。
まあちゃんの・・も、娘の成長を考えながらそのうち手に入れよ
うと思っているのですが、この本も絶対手元に置きたい!
娘にもぜひとも読んでもらいたいなあって思います。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高楼 方子さんのその他の作品

街角には物語が・・・・・ / 時計坂の家 / 十一月の扉 / ココの詩 / 老嬢物語 / ニレの木広場のモモモ館



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

十一月の扉

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット