もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【おまとめ買いにも♪】キュートなこぐまちゃんソックスは、ちょっとしたプレゼントにオススメです♪
風の草原
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

風の草原

  • 児童書
作・絵: いわむら かずお
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「風の草原」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

天につきささるトガリ山のてっぺんをめざして、小さなネズミの若者がぼうけんの旅に出る。絵と文でつづる長編絵本シリーズ。

ベストレビュー

続きが気になる!

トガリネズミのおじいさんが、3匹の孫たちに、若いころの冒険の話をするお話です。
トガリ山のてっぺんを目指し、応援してくれる虫達に出会ったり、トノサマバッタと格闘したり、不思議な岩に登ったり、鳥にバカにされたり、「あいつ」に狙われたりと、可愛らしく微笑ましくありながら、力強くワクワクが止まらないお話です。

「一人前」になる旅の話で、「一人前ってなに?」とか「風や雲や水も動きまわってるから生きてる?」など、5歳の娘には難しいようなテーマもありますが、話の節目節目におもしろおかしい孫ネズミたちの掛け合いがあるので、飽きずに楽しく読めました。

とにかく登場人物がみんな個性的で、魅力的です。
娘は、末っ子ネズミのクックと一緒に旅をするてんとう虫のテントが大好きになり、セリフを何度も読まされました。
「雲はおしっこするもんね」とは、なるほど! 私も笑ってしまいました。

こちらはシリーズの1巻ですが、最後にはこれから何回も出会うという未知の生物、「あいつ」(大人にはすぐにネコだと分かるのですが)も登場し、これからどうなるのか、本当に続きが気になります。
1冊読むのに1時間以上かかりました…(娘が気に入り一気読みをしました)。全8巻ということですが、がんばって読み聞かせたいと思います。
(やじみさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。

いわむら かずおさんのその他の作品

はこぶ / りんごがひとつ / とっくんトラックもりへぶぶー / 14ひきのポケットえほん かぼちゃセット(3冊セット) / ポケットえほん 14ひきのあきまつり / ポケットえほん 14ひきのせんたく



視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

風の草原

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット