ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
あきのほし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あきのほし

  • 絵本
作: かこ さとし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あきのほし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1985年
ISBN: 9784034430309

小学初級から
25cm×24cm/32ページ

出版社からの紹介

月の満ちかけからはじまり、秋の代表的な星座や星々を神話をまじえて紹介。また、 150億光年の大宇宙のすがたを詳しく解説しました。

ベストレビュー

アンドロメダの話が紹介されています。

星座や星が大好きな5歳の娘が図書館から借りてきました。

秋の空は空気がとっても澄んでいて星を見るにはとってもよいのだそうです。

秋に見える星座や、そして星座にまつわる神話が紹介されていて、
短いけれども実り多い一冊。

アンドロメダに関する神話は小さいころにプラネタリウムで
聞いたことがあったようなないような。
でも改めてこうして読んでみると、
星座の神話は悲劇が多いと思っていたけど、
アンドロメダはハッピーエンドだったんだ!と再発見。

側で聞いていた息子も、
「その話知ってるよ!」と言ってきたほどで、
とっても有名なお話なんですね!
この機会に娘と読めてよかった。

それにしても宇宙には数えきれないくらいの銀河と、
そして宇宙はさらに広がり続けてることもこの絵本で分かり、
その壮大さに改めて驚かされる一冊です。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かこ さとしさんのその他の作品

過去六年間を顧みて / こまったこぐま こまったこりす / あさですよ よるですよ / あかですよ あおですよ / コウノトリのコウちゃん / 未来のだるまちゃんへ



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

あきのほし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット