あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
子どもとよむ日本の昔ばなし27 天女のはごろも
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもとよむ日本の昔ばなし27 天女のはごろも

  • 絵本
絵: たしろともこ
再話: おざわ としお とき きょうこ
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥450 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年01月
ISBN: 9784774312491

幼児から小学低学年

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

昔話は時代を超えて、多くの子どもたちの心をひきつけてきました。子どもがはじめて出会う本のひとつとして、昔話を正しく語りつぎたいという思いから、本シリーズが生まれました。

<27巻あらすじ>
川で水浴びをしていた天女の羽衣を、男が家に持ち帰り隠していると、天女が訪ねてきてお嫁さんにしてほしいといいます。夫婦になって子どもが生まれますが、ある日天井にあった羽衣を見つけると、天女は天に帰っていきます。天女からもらったきゅうりの種を男がまくと、一夜でつるが天までとどきます。朝になって男は、子どもをおぶって、きゅうりのつるをのぼっていきます。男は天の畑を耕して、きゅうりをたくさんつくります。しかし、きゅうりを食べるなという禁を破ったために、大水に流されてしまい、男は天女とともに七夕の星になってしまいます。

ベストレビュー

七夕の話

いくつか羽衣伝説のお話を読みましたが、いろいろなパターンがあるなーと思いました。
男と相思相愛だったりそうでなかったり。男との間に子どもがいたりいなかったり、子どもといっしょに天に帰ったり帰らなかったり…等。
七夕の話といえば織姫・彦星の話が有名だと思うのですが、織姫・彦星の話だけというわけではないんだなーと思いました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

おざわ としおさんのその他の作品

うらしまたろう / 仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / 子どもとよむ日本の昔ばなし28 かめとからすとはちのおんがえし



困っているぼくのところに本物の神様が!

子どもとよむ日本の昔ばなし27 天女のはごろも

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット