しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
子どもとよむ日本の昔ばなし27 天女のはごろも
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子どもとよむ日本の昔ばなし27 天女のはごろも

  • 絵本
絵: たしろともこ
再話: おざわ としお とき きょうこ
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥450 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年01月
ISBN: 9784774312491

幼児から小学低学年

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

昔話は時代を超えて、多くの子どもたちの心をひきつけてきました。子どもがはじめて出会う本のひとつとして、昔話を正しく語りつぎたいという思いから、本シリーズが生まれました。

<27巻あらすじ>
川で水浴びをしていた天女の羽衣を、男が家に持ち帰り隠していると、天女が訪ねてきてお嫁さんにしてほしいといいます。夫婦になって子どもが生まれますが、ある日天井にあった羽衣を見つけると、天女は天に帰っていきます。天女からもらったきゅうりの種を男がまくと、一夜でつるが天までとどきます。朝になって男は、子どもをおぶって、きゅうりのつるをのぼっていきます。男は天の畑を耕して、きゅうりをたくさんつくります。しかし、きゅうりを食べるなという禁を破ったために、大水に流されてしまい、男は天女とともに七夕の星になってしまいます。

ベストレビュー

七夕の話

いくつか羽衣伝説のお話を読みましたが、いろいろなパターンがあるなーと思いました。
男と相思相愛だったりそうでなかったり。男との間に子どもがいたりいなかったり、子どもといっしょに天に帰ったり帰らなかったり…等。
七夕の話といえば織姫・彦星の話が有名だと思うのですが、織姫・彦星の話だけというわけではないんだなーと思いました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おざわ としおさんのその他の作品

うらしまたろう / 仙人のおしえ / 日本昔ばなし 3 とら猫とおしょうさん / 子どもとよむ日本の昔ばなし29 やまなしとり  / 子どもとよむ日本の昔ばなし26 かっぱのいちもんせん / 子どもとよむ日本の昔ばなし28 かめとからすとはちのおんがえし



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

子どもとよむ日本の昔ばなし27 天女のはごろも

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット