くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おじいちゃんのカブづくり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいちゃんのカブづくり

作・絵: 土田 義晴
出版社: そうえん社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年02月
ISBN: 9784882642411

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

山形県鶴岡市で行われている、焼畑による「藤沢カブ」づくり。おじいちゃんが藤沢カブを愛情をもって育てていく姿が、雄大な自然とともに細やかに描かれています。

ベストレビュー

農家と伝統について学べました

焼畑でカブを育てているおじいさんのお話。
木を倒し、灰にして、カブを育てた後はまた木を植えて自然をもとに戻す。
外国でしかされていないと思っていた焼畑農業を日本でもしているということを初めて知りました。
火が広がらないようにする方法を引き継ぎ、伝統と種を絶やさないようにしている人の姿は印象的でした。
いつも食べている食べものを育てている人の愛情や苦労がよく分かる絵本でした。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本

土田 義晴さんのその他の作品

紙芝居 きょうのくだものなんだろな? / くろくまレストランのひみつ / 紙芝居 よもぎだんごぺったん / バレリーナマノン / マユとまほうのてがみ / 紙芝居 たけのこほりほり



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

おじいちゃんのカブづくり

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット