宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ころわんところころ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ころわんところころ

  • 絵本
作: 間所 ひさこ
絵: 黒井 健
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ころわんところころ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年08月
ISBN: 9784893255266

2,3歳から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ころわんシリーズ。秋の公園でどんぐりを発見したころわん。ころころ転がる木の実がうれしくて、お友達と楽しい時間を過ごします。

ベストレビュー

秋にぴったり

秋のある日、ころわんが公園に行くと
小さなまるいものがいくつも落ちてきました。
「これはなに?」「どんぐりよ」
ねこちゃんに教えてもらったころわん達は
いろんなドングリを探して遊びます。

秋を見つける楽しさが伝わってきます。
どんぐりって一つ見つけると、思わず周りを見回して、
またさらに他にも見つけたくなって、いつの間にか
一生懸命集めていて・・子どもの頃感じた嬉しさを思い出しました。
木の実って見つだすと、どうして夢中になって
探してしまうんでしょうね。
落ち葉、どんぐり、栗など秋にぴったりの絵本です。

ころわんシリーズはこれが初めてなのですが、
息子もすぐに名前を覚えて「ころわん!」。
他のシリーズもたくさん読むことになりそうです。
(空色のかわうそさん 30代・ママ 男の子2歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


間所 ひさこさんのその他の作品

ランドセル名作 3つのとんち /長ぐつをはいたねこ・一休さん・うさぎどんきつねどん / ランドセル名作 3にんのおひめさま/ラプンツェル・えんどうまめとおひめさま・おやゆびひめ / あきいろのころわん / しあわせなおうじ / げんこつやまがあったとさ / ころわんどっきどき

黒井 健さんのその他の作品

ひとりぼっちのつる / ゆめのふね / 紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / おつきみ / アンティーク・シオンの小さなきせき



そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

ころわんところころ

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット