バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

ゆりわんちゃんさんの公開ページ

ゆりわんちゃんさんのプロフィール

ママ・40代・宮城県、女の子13歳 女の子8歳

ゆりわんちゃんさんの声

852件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい とっても美味しそう&優しくなれる一冊!  掲載日:2017/6/9
ぎょうれつのできるレストラン
ぎょうれつのできるレストラン 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 教育画劇
『ぎょうれつのできる○○屋さん』シリーズ第五弾!

フクロウのこども、ポーのおうちはレストラン。
そんなポーの夢は、コックさんになること!
お料理が大好きなポーは、お店のお手伝いをしたくてたまりませんが、
お父さんとお母さんは「もっと大きくなったらね」。
そんなある日、ポーは木の上から落ちてしまい、
木のてっぺんにあるレストランに帰れなくなってしまいました。
すると「困ったなぁ…」と声が聞こえてきて…?!

あまりに素晴らしいポーの腕前にビックリ!!( ^ ^ )
こんなに上手なら、腕をふるいたくなるのも頷けます(笑)。
おいも料理、美味しそう〜!!!

優しい森のみんなの行動にもにっこり♪( ^ ^ )
心がほっこり、優しくなれる一冊です。

両見開きのメニューにも、親子共々心奪われました!
食いしん坊にはたまらない一冊ですね(笑)!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっこり穏やかなパン屋さん  掲載日:2017/6/9
ぎょうれつのできるパンやさん
ぎょうれつのできるパンやさん 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 教育画劇
次女の大好きな『ぎょうれつのできる○○やさん』シリーズ!

ぐうぐうやまの山奥に、ぽつんと一軒たっている「ふっくらパンやさん」。
山奥すぎて、お客さんが来ないことに困っていたパン屋さんですが、
「いいにおい!」と、動物たちがやってきて…。

とにかくパンが美味しそうで、おいしいパンが食べたくなります(笑)。
次女のお気に入りは「カラスさんのやまぶどうデニッシュ」で、
読む度に「これ食べてみたい!!」と言っています。

動物たちと、人間たちのふれあいがほっこりしてて癒されます。

こんな素敵なパン屋さん、近くにあったらいいですね!( ^ ^ )
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う バアちゃんの○○!!  掲載日:2017/6/9
しげちゃんとじりつさん
しげちゃんとじりつさん 作: 室井 滋
絵: 長谷川 義史

出版社: 金の星社
図書館から借りてきて、8歳の娘と読みました。

おばあちゃんっ子だった室井滋さんの幼少時代のお話です。

バアちゃんに“ひっつき虫”の、しげちゃん。
担任の先生から、成績表に「自立を!」なんて書かれてしまいます。
お母さんからは「バアちゃんと一緒に寝るの禁止!」令が出されてしまいます。
しげちゃんは一生懸命、自分の部屋で一人で眠れるように
努力しますが…?!

まずちょっと怖かったのが、しげちゃんの考える「自立さん」!
こちらをにらむたくさんの目に、次女もちょっとギョッとしていました。
今、目みたいに見える木目の天井なんて、
あまりお目にかかれないですからね〜( ^ ^ )。
そこは少し、説明しました。

その後の白ヘビのシーンも、次女的には結構衝撃的だったようですが、
最後のオチ(?!)に、私も次女も大笑い!!!
何回見ても、笑っちゃいます(笑)。

怖〜い怖〜い「自立さん」より、
「バアちゃんの○○」の方が、よっぽど破壊力を持っていたんですね(笑)。

室井さんのあとがきに、おばあちゃんとの温かい関係が見て取れて、
心がほっこりしました。

読んだ後に、自立ってこういう意味だよって教えてあげたり、
昔の家は、外にお便所があったんだよ〜とか、
ちょっとした補足説明は必要かと思います。
子供よりも、大人が読んだ方が、いろいろ共感できて楽しいのかも?

怖がりの子は、ちょっと怖くなってしまうかもしれない、とも思いますが、
最後が衝撃的過ぎて(笑)面白いので、
怖かったのも忘れちゃうんじゃないかな〜?と思います。

小学校1年生くらいからおススメです。
大人の方にも、おススメです!!( ^ ^ )
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ポカポカと温かい一冊  掲載日:2017/6/6
ぎょうれつのできるはちみつやさん
ぎょうれつのできるはちみつやさん 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 教育画劇
『ぎょうれつのできる○○やさん』シリーズ第三弾!

こぐまのクーとマーのパパは、はちみつやさん。
南の国の花畑で、はちみつを集めながら旅をしています。
そんなパパから小さな小包が届いて…?!

はちみつがとってもおいしそうで、いつも娘たちと
「いろんなはちみつ、食べてみたい!!」となります。
くまさんファミリーの家族愛と、
温かな春の訪れがポカポカと感じられて癒される一冊です。
ぐうぐうやまの動物たちは、「おいしいものアンテナ」をはりめぐらせていて
いつもなんだか幸せそうでいいですね( ^ ^ )♪

こんな素敵なはちみつやさんが近くにあったらいいのな〜!と、
親子共々、思っています♪
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい みんな愛らしくて素敵!  掲載日:2017/6/6
ぎょうれつのできるすうぷやさん
ぎょうれつのできるすうぷやさん 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 教育画劇
『ぎょうれつのできる○○屋さん』シリーズ第二弾!

ぐうぐうやまの食いしん坊な動物たちが、鼻をならして集まってきました。
おいしそうなにおいを辿ると、
「はいるべからず おそろしいまじょのいえ」と書かれた、いばらの門が!
みんなは震えあがりますが、
字の読めない、自分もトゲトゲのハリネズミくんは中に入って行ってしまいます。
バラの垣根の向こうにあったのは、一軒のとても小さな家。
中をのぞくと、トカゲのおばあさんがいいにおいのスープを煮ていて…?!

本当は魔女じゃないのに、魔女っぽい恰好をしているトカゲのおばあさんも
可愛らしくて大好きです。
嘘のつけない、純粋なハリネズミくんもとても良いです♪
森のみんなも素直で可愛らしくって、
読むと心が温かくなる絵本だなぁと思って毎回読んでいます。
スープもとっても美味しそうで、食べてみたいなぁ〜といつも思います。
門を開放してからのスープ屋さんに、
ふっくらパン屋さんの姿もあって嬉しくなります。

シリーズ、どのお話も好きなんですが、私はこのお話が一番好きです♪
娘は「全部好きだから選べない」って言ってますが(笑)。

食べ物の出てくるお話が大好きな方、必見の一冊ですよ!!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 効果音にハマりました!  掲載日:2017/5/22
マロンちゃん カレーつくってみよう!
マロンちゃん カレーつくってみよう! 作・絵: 西村 敏雄
出版社: 文溪堂
図書館から借りてきて、8歳の娘と読みました。

イヌのマロンちゃんと人間のオジーさんがカレーライスを作るお話ですが、
主体はイヌのマロンちゃん!
材料を買いに行ったり、お肉や玉ねぎをトントンと切ったり。
おいしそうなカレーのにおいに誘われて、
ご近所の方々がやってきますが…?!

オジーさんとマロンちゃんが素敵なコンビでとても良いです。
プラス思考で優しくマロンちゃんをサポートするオジーさんは親の鑑?!
なんて思っちゃいました。

ストーリーは特に奇抜な所はなくて安心してお話が進んでいく感じですが、
うちの娘がハマったのが、いろんなところに出てくる効果音!
「ジャ ジャーン!」「ジャジャジャ ジャーン!」から楽しくなり、
「ババ〜ン!」「ドド〜ン!」あたりでは、
ケラケラ笑いながら一緒に声に出して読んでくれました。
カレーを煮込んでいる時の歌も、2人で数パターン踊りながら歌いました(笑)。

「あ〜なんかカレー食べたい」ってなること請け合いです(笑)。
みんなで楽しく、美味しいものを頂くって幸せですね( ^ ^ )♪

幼稚園くらいのお子さんから、小学校低学年くらいのお子さんにおススメです。
読んだ後に、なんだか幸せな気持ちになれる一冊でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 期待を裏切らない面白さ  掲載日:2017/5/22
ふしぎなカサやさん
ふしぎなカサやさん 作・絵: みやにし たつや
出版社: 金の星社
図書館から借りてきて、8歳の娘と読みました。

『ふしぎなキャンディーやさん』は読んだことがあったので、
なんとなくどんな展開になっていくのか予想はできましたが
くろいカサから降ってきたものの予想は見事に外れました!
効果音が「ドロドロドロロ〜ン」だったので、私も娘も、
降ってくるのは「泥」かと。
見事に違いました(笑)。さすがは宮西達也さん!!

その後の展開も期待を裏切らない面白さで、
娘と「やっぱりね!!」って、安心して笑えました。

シリーズに『ふしぎなタネやさん』もあるようなので、
そちらも読んでみたいと思います。
ふしぎシリーズ、良いですね( ^ ^ )♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う とても穏やかに、気付きをくれる絵本  掲載日:2017/5/22
よるのかえりみち
よるのかえりみち 作: みやこし あきこ
出版社: 偕成社
図書館から借りてきて、8歳の娘と読みました。

最初、私も娘も、ちょっと怖い本?なのかな??と思いましたが、
全然違いました。
とても穏やかな本です。

五感と想像力を働かせて夜を感じると、
いろんな人の、いろんな夜があることを静かに気付かせてくれる絵本です。

みやこしさんの絵がとても素敵で、いいなぁと思いました。

眠る前の読み聞かせにぴったりだと思います。
穏やかな気持ちで、「おやすみなさい」と言えると思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 就職活動!  掲載日:2017/5/16
ルッキオとフリフリ おやしきへいく
ルッキオとフリフリ おやしきへいく 作: 庄野ナホコ
出版社: 講談社
図書館から借りてきて、8歳の次女と読みました。

豪華な食事と素敵な住まいに憧れるルッキオとフリフリ。
今回はお金持ちの奥様のお屋敷への就職活動のお話です。

「奥様と暮らすネコ募集」のチラシを見つけてきたフリフリ。
さっそく二匹は就職活動のため、お屋敷へ向かいますが…?!

個性的なネコたちと、これまた個性的な奥様のキャラクターに笑っちゃいました。
情けない顔してるフリフリがとっても可愛らしくて(笑)。
そんなフリフリが、「奥様」にも可愛かったんでしょうね〜!
まぁ、結果はどうであれ?!
ルッキオとフリフリが変わらず素敵なコンビで楽しかったです。
いつかまた、この奥様とのお話が読めたらいいな〜(笑)。
次女も大満足でした。

このお話を読んだ後、しばらく次女と私で
『「イヤ〜〜〜ッ!!!」ごっこ』が流行りました。

次のお話が待ち遠しいです♪(*^_^*)

ネコ好きの方には、特におすすめのシリーズですよ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 中一の娘に  掲載日:2017/5/16
言葉屋 言箱と言珠のひみつ
言葉屋 言箱と言珠のひみつ 作: 久米 絵美里
絵: もとやま まさこ

出版社: 朝日学生新聞社
ライトノベルばかり読んでいる中一の長女に、
何かお薦めの本はないかと探していてこの本に辿り着きました。

読書が好きで、ちょっと引っ込み思案の主人公。
運動が得意で、活発なしいちゃんとの友情も共感するところ大です。

いろんな人の、いろんな感情が目に見えないところにあって、
言葉というのは、そのいろんな感情を良くも悪くも表現できる
偉大なツールなのだなと思いました。

長女に薦める前に自分で読んでみましたが、
これは長女の惹き込まれる領域に入ってくる良書だと思います。
言箱とか言珠とか、ちょっと神秘的な感じも
とても雰囲気があっていいです。

同級生の桐谷君との、ほのかな恋心もいいですね!

長女はまだ読んでいませんが、続巻も借りてこようと思います。

表紙も可愛らしくて素敵でした。

長女、気にいるといいなぁ〜( ^ - ^ )♪
参考になりました。 0人

852件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

働くパパママへエール!ちょっぴりホロリなあったか家族の物語

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット