なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
【クリスマスプレゼントに】年齢・お値段ごとに、沢山のギフトセットをご用意してます♪
ちいさなしろくまくんのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさなしろくまくんのおはなし

作: ドロシー・シェリル
訳: 湯沢 朱実
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年10月20日
ISBN: 9784772101653

対象年齢 3歳から

出版社からの紹介

しろくまくんは、家族の中で一番のおちびさん。お父さんとお母さんとお姉さんとお兄さんと、緑の屋根の大きな白い家に住んでいます。
ある晩、遊び足りなかったしろくまくんは、こっそり家を抜け出して…。ちょっと“赤ちゃん”を抜け出たばかりのしろくまくんつかの間の家出!
シンプルなストーリーと、見開きごとに、丁寧に絵を確認するような文章は、ストーリー絵本を初めて手にする子どもたちにピッタリです。
1931年生まれの日本で初めて紹介する作家の絵本です。

ベストレビュー

やさしいお話

娘が幼稚園で借りてきました。

淡々とした語り口でお話が展開します。
しろくま一家の末っ子が夜中に家を抜け出した上に
迷子になってしまうという、けっこうヘビーな展開なのに
ときどき読者に確認するようなフレーズが入るせいか
状況を冷静に確認するような気分になりが
緊迫感は余りありません。
むしろ家族の愛や子供ゆえの危うさとかわいらしさが
いい感じで淡々と伝わります。

手のひらに収まるようなサイズの本で、
文章量もちょうどよく
幼稚園児が集中して聞くにはちょうどいいお話でした。
(やこちんさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


湯沢 朱実さんのその他の作品

小学校での読み聞かせガイドブック / 子どもに語る中国の昔話 / おはなし会ガイドブック − 小学生向きのプログラムを中心に− / 子どもに語る北欧の昔話 / くまのテディちゃん



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

ちいさなしろくまくんのおはなし

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット