もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
クジラとメダカ おかあさん、よんであげてね ゆめものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クジラとメダカ おかあさん、よんであげてね ゆめものがたり

作: 大山 立雄
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,500 +税

「クジラとメダカ おかあさん、よんであげてね ゆめものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

絵本が好きで、絵本の中のクジラやメダカに会いたい坊やが、ある日夢を見た。本著は坊やの夢の中で、海に棲むクジラと、川に棲むメダカが出会うまでの物語である。小さくなりたいクジラと、大きくなりたいメダカ、そしてお話好きの空の会話は続く。「…いまのままがいちばんいいんだよ。それぞれ、いいところがあるんだから…」(本文より)。おたがいに認め合うこと、思いやることなど、さまざまなことを考えさせてくれて、あたたかい気持ちにさせてくれる。子供はもちろん、大人にもおすすめの絵本。

ベストレビュー

夢のお話のお話

このお話は、お話の中に出てくる男の子の夢のお話でした。うちの子はこの男の子の夢のお話、とっても気に入っていました。海水に住むクジラと淡水にすむメダカが空さんを介してお話をして出会うという流れだったのですが、現実ではありえない組み合わせの二匹が仲良しなのが好きだったそうです。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ




『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

クジラとメダカ おかあさん、よんであげてね ゆめものがたり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット