しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
声をなくした紙しばい屋さん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

声をなくした紙しばい屋さん

  • 児童書
作: 関朝之作
絵: 吉川聡子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「声をなくした紙しばい屋さん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年08月
ISBN: 9784569689005

判 型 A5判上製

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

もう一度演じたい、子どもたちの喜ぶ顔が見たい。その思いが声を取り戻すための努力をつづけさせた。夢の尊さを教えてくれる感動物語。
昭和初期から30年代頃まで、多くの子どもたちを魅了した街頭紙しばい。時代の流れによって、街頭紙しばいも紙しばい屋さんも姿を消してしまった。しかし、そんな中で、紙しばいの良さを伝えていこうと、今でも紙しばい屋さんとして活動している森下正雄さん。子どもたちの笑顔と、紙しばいの面白さに惹かれ、紙しばいにすべてを捧げた森下さんに、ある日思いもよらない悲劇が襲いかかった。

 声のかすれを感じ、病院へ行った森下さんに告げられた病名は「喉頭がん」。手術を行い声帯を摘出することになった。しかし、再び紙しばいを演じたいという気持ちを失わなかった森下さんは、手術後、声を取り戻す練習を必死につづけた。ところが、紙しばいができるような声は戻らない。そんなある日、森下さんに一通の封書が届いた。

 紙しばい屋さんの命ともいえる「声」を失いながらも、あきらめない気持ちと、人々の優しさと励ましによって、夢を叶えた感動の物語。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

吉川聡子さんのその他の作品

ゾウがとおる村 / 海の金魚 / 小さなコックさん / また、あした



困っているぼくのところに本物の神様が!

声をなくした紙しばい屋さん

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット