庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
栗林さんの虫めがね 変身 へんしん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

栗林さんの虫めがね 変身 へんしん

写真: 栗林 慧
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784577028049

小学校低学年から

出版社からの紹介

シリーズ第2巻。卵、幼虫、蛹、成虫。一生になんども変身をくり返す昆虫たちの不思議なドラマを、「昆虫スナップカメラ」で撮影した連続写真で紹介。

ベストレビュー

夏休み前のブックトークなどで紹介したい

昆虫写真家の栗林さんがまとめた虫たちの「変身」写真絵本です。
この本の中には興味深い虫たちの変身(変態)がたくさん見られます。
まずは子どもたちもよく知る「セミ(ニイニイゼミ)」、それから「テントウムシ(ナミテントウムシ)」。
そのあとに登場した「ナナフシ(エダナナフシ)」は変身より、その卵の形に驚きました。その姿はまるで木の実か種のようでした。

他にもよく見かけるとんぼ・
アゲハチョウやバッタ、カマキリのほか、子どもたちの大好きなカブトムシももちろん登場します。

1つ1つの写真の見せ方にもこだわりを感じますし、次の好奇心へとつなげてくれる見せ方ですが、なにぶん1冊の中に情報が多すぎるので、
読み聞かせに使うより、夏休み前などの自由研究などに繋げるブックトークの時間が取れれば、そういう場所で紹介できるといいかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


栗林 慧さんのその他の作品

アリのたんけん / 虫ってこんなにオモシロい! / (デジタル)栗林慧の世界 / これはなみだ? / おしっこぴゅー / トノサマバッタ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

栗林さんの虫めがね 変身 へんしん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット