ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (1) コロンブスの航海
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (1) コロンブスの航海

作: ジアン・パオロ・チェゼラーニ
絵: ピエロ・ベントゥーラ
訳: 吉田悟郎
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年08月
ISBN: 9784566001305

30.8X26.8cm/32ページ

関連
古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

黄金の国ジパング(日本)を求めて出航したコロンブス一行は、さまざまな苦難の末に陸地を発見した。しかしそこはジパングではなく新大陸アメリカだった!遠い歴史の一コマをダイナミックに再現した歴史絵本。

ベストレビュー

歴史の明と暗

シリーズとしてはこれが一巻なのですが、先に『マルコ・ポーロの冒険』から読むと、歴史の流れがわかりやすいかもしれません。

マルコ・ポーロの『東方見聞録』に影響を受け、未知なる大陸をめざすコロンブス。

この絵本にも描かれていますが、新大陸を発見したその後の歴史はアメリカでの黒人差別の歴史とつながることを考えると、切なく感じます。

また、コロンブス自身も一生を通しては果たして幸せだったのか?という点も考えさせられました。

コロンブスの一生の中に歴史の明暗が混在するようなそんな気もちを持ちました。

このシリーズは、絵が細かく丁寧に描かれているのも魅力のひとつです。

当時の人々の様子や、コロンブスが航海に出た時に船に乗っていた人々も図鑑のように説明されていてよくわかりますよ。

コロンブスの伝記絵本には、ピーター・シスのものもあるので、併せて一緒に読んでみるといいと思います。

マルコ・ポーロ、コロンブス、北極探検と読んできたのでシリーズの他の本も読んでみたいです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジアン・パオロ・チェゼラーニさんのその他の作品

マザーテレサの冒険 / 古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (4) クレタ / 古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (3) トロイア / 古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (5) ポンペイ / 古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (2) ツタンカーメン / 古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ (1) マヤ

ピエロ・ベントゥーラさんのその他の作品

偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (4) 北極探検 / 偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (5) マゼランの航海 / 偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (3) クックの航海

吉田悟郎さんのその他の作品

夢を追いかけろ クリストファー・コロンブスの物語 / 偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (2)マルコ・ポーロの冒険



風変りで美しい表現方法がたくさん!

偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (1) コロンブスの航海

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット