だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
レインボーマジック42 日曜日の妖精サラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

レインボーマジック42 日曜日の妖精サラ

  • 児童書
作: デイジー・メドウズ
訳: 田内志文
出版社: ゴマブックス

本体価格: ¥800 +税

「レインボーマジック42 日曜日の妖精サラ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


レインボーマジックのホームページ>>>

出版社からの紹介

2周年スペシャル『曜日の妖精』シリーズ7巻!

妖精たちとの曜日の旗探しも、いよいよ最後の一枚。
レイチェルとカースティは、風の湖へ、ピクニックにでかけました。
しかし、不思議な音が、バスケットの中から聞こえます。
どうやらいじわるゴブリンが、
かくれて、ついてきてしまったようすです!
ふたりは、最後の旗をぶじにとりもどすことができるでしょうか?


ベストレビュー

月曜日から読みましょう

レインボーマジックシリーズ、本当にたくさんあるのですが、こちらは『曜日の妖精』シリーズ。
妖精たちの曜日の旗が、ゴブリンたちに盗まれてしまい、それを人間の女の子たちが取り返すというストーリー。

妖精と友だちで、いつも妖精たちをたすけていて、妖精の国にも招待される。
これだけで、女の子はキュンキュンです!
ゴブリンとの攻防も、スリリングでドキドキ!

難しそうな印象ですが、全ページに挿絵があり、漢字にはふりがなも振られているので、かなり読みやすいです。
私は15分くらいで読み終わりました。

月曜日から始まる『曜日の妖精』シリーズなのに、最終巻の日曜日から読んでしまいました。
一巻ごとにお話はちゃんと完結するので、楽しめますが、「これで旗は全部取り返しました」で終わってしまったので、このあと月曜日から読むのもな〜と思ってしまいました。

これから読む方は、月曜日から読みましょう!
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


デイジー・メドウズさんのその他の作品

レインボーマジック 海の妖精シャノン / レインボーマジック 虹の妖精 上 / レインボーマジック虹の妖精 下 / レインボーマジック 45 ゆりの妖精ルイズ / レインボーマジック43 チューリップの妖精ティア / レインボーマジック 44 ポピーの妖精ピッパ

田内志文さんのその他の作品

レインボーマジック49 バラの妖精エラ / レインボーマジック 第7シリーズ 花びらの妖精 特製ケース入り7巻セット / レインボーマジック48 デイジーの妖精ダニエル / レインボーマジック47 ランの妖精オリビア / レインボーマジック46 ひまわりの妖精シャーロット / レインボーマジック41 土曜日の妖精シエナ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

レインボーマジック42 日曜日の妖精サラ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット