だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
小学館版 学習まんが人物館<第二期> ダイアナ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館版 学習まんが人物館<第二期> ダイアナ


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥850 +税

「小学館版 学習まんが人物館<第二期> ダイアナ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:菊判、160ページ

作品情報

発行日: 1998年04月20日
ISBN: 9784092700147

出版社からの紹介

エイズ患者への支援や対人地雷禁止を訴え続けた悲劇のプリンセスの波乱に富んだ人生。

ベストレビュー

心の王妃

イギリス皇太子とのご成婚、ダイアナフィーバー、スキャンダル、そしてあの事故、どれも、鮮明に覚えているだけに、ダイアナさんのことをよく知っているような気になっていましたが、それは彼女のほんの一部にしかすぎなかったんだと、衝撃を受けました。

環境、美貌、才能、全てに恵まれながら、誰よりも愛に飢えていた人。
けれど、その環境こそが彼女を動かし、世界中の人から愛される存在へと導いていったのですね。

「痛みをもつ者だけが、他人の痛みを理解できる」
マザーテレサが、彼女に言った言葉の深さが染み入ります。

娘が、学校でとても人気があり、なかなか読めないというので、図書館で探してみるも、全て貸出中、予約待ちでようやく読むことができたこの本。
この本の人気は、死してもなお、彼女が心を動かす存在であることに他ならないでしょう。

多くのこども達がこの本を読んで、「人々の心の王妃になりたい」と言ったダイアナさんの想いが、たくさん届くといいなと思いました。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




風変りで美しい表現方法がたくさん!

小学館版 学習まんが人物館<第二期> ダイアナ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット