貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
小学館版 学習まんが人物館<第一期> 本田宗一郎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小学館版 学習まんが人物館<第一期> 本田宗一郎


出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

大きさ:菊判、160ページ

作品情報

発行日: 1996年06月14日
ISBN: 9784092701090

出版社からの紹介

自らの腕ひとつで町工場から世界に挑み、ホンダを育て上げた技術者の熱い人生ドラマ。

ベストレビュー

ホンダを作った人

このシリーズ、小2の息子とかなりハマって読んでいます。

漫画ではありますが、事実に基づいて描かれているのと、
漫画自体も変に崩したイラストとかではないので、内容に集中して
読み進めることが出来ます。

「本田宗一郎」は、シリーズの中でも息子が好きな本で、何度も図書館で
借りてきては読んでいます。車好きの男の子には、共感する部分があるのでしょうか。
本田宗一郎が、車のメーカー「ホンダ」を作った人なんだよ、と教えると、
「あの、ホンダ!?」とビックリしていました。

偉大な人の功績を知ることは、なんらかの刺激やきっかけになるかなと思います。
歴史や人物に疎い私でも学習しながら読める、お気に入りのシリーズです。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!



大切なたからものを、王さまと一緒に探してください

小学館版 学習まんが人物館<第一期> 本田宗一郎

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット