しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
黒ねこサンゴロウ4 黒い海賊船
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

黒ねこサンゴロウ4 黒い海賊船

  • 児童書
作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年10月
ISBN: 9784035282402

小学中級から
22cm×16cm 126ページ
判型:A5判

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

サンゴロウにあこがれているイカマルを助手に、三日月島に向ったサンゴロウは、海賊にねらわれ瀕死の重傷をおう。

ベストレビュー

ハードボイルド

息子の好きなサンゴロウシリーズです。

三巻をとばしたせいなのか?一・二巻から時間が経ってしまったからなのか?サンゴロウに憧れるイカマルとは一体だれだろう?と息子と話をしてしまいました。

というのも章によってサンゴロウの視点で語られる時とイカマルの視点で語られる時があるので、最初イカマルが出てきた時、誰これ?と思ったからです。

読むとサンゴロウシリーズ、つくづくハードボイルドだなあと思います。

サンゴロウかっこよすぎますもんね。

クールだし強いし、イカマルもサンゴロウに相当心酔しているようですが、その心酔ぶりもわかるような気がしました。

今までよりもかっこよさがアップしたようなそんな感じがしました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

いそげ! きゅうきゅうしゃ / ぜんまいじかけのトリュフ エピソード1 / しゃっくりくーちゃん / きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり

鈴木 まもるさんのその他の作品

てをつなぐ / 鳥の巣つくろう / わたり鳥 / すすめ!うみのきゅうじょたい / ウミガメものがたり / だっこ



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

黒ねこサンゴロウ4 黒い海賊船

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット