しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
野坂昭如戦争童話集 沖縄篇 ウミガメと少年
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

野坂昭如戦争童話集 沖縄篇 ウミガメと少年

  • 絵本
作: 野坂昭如
絵: 黒田 征太郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「野坂昭如戦争童話集 沖縄篇 ウミガメと少年」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年06月
ISBN: 9784062107570

子供から一般
A4変型・55ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「戦争童話集」30年ぶりの新作「沖縄篇」
1995年から黒田征太郎が映像化してきた野坂昭如の「戦争童話集」。
黒田氏の強い思いに応えて野坂氏が30年ぶりに書いた新作を絵本として刊行。

ベストレビュー

ウミガメの見たもの

繰返し読むほどに言い様のない悲しみが深まっていきます。
野坂さんの訥々と語る戦争は、ボディブローのように怒りに燃え、最後に哲夫がウミガメの卵を飲み、海に沈んでいくところまで鈍く響き続けます。
黒田さんの絵も、言い様のない怒りのベールの向こうで叫び続けているようです。
ウミガメから見た戦争が即物的に映り、哲夫の見た戦争は信じていたものの崩壊だったように感じました。
身近な出来事として実感したとき、本当の戦争の怖さを知るのかも知れません。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野坂昭如さんのその他の作品

ウミガメと少年 / ポプラポケット文庫 火垂るの墓

黒田 征太郎さんのその他の作品

拝啓 サクラさく / 岩になった鯨 / 水の話 / 火の話 / 昭和二十年八さいの日記 / 峠の狸レストラン



『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

野坂昭如戦争童話集 沖縄篇 ウミガメと少年

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット