だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
書本漢字
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

書本漢字

作・絵: 武田双雲
出版社: 池田書店

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

書道家・武田双雲の書で感じる漢字の本。親子でいっしょに「見て、感じて、楽しむ」新しい漢字の提案。筆の持ち方・かまえ方、筆の運びの練習、漢字の歴史、漢字のなりたちなども解説。

ベストレビュー

まるで絵本みたい

ひらがなに興味を持ち、
少しずつ読めるようになった4歳の息子と読みました。

漢字一文字で「やま」とか読むということが理解できず、
清書の漢字と、
隣のページの象形もじのような味のある漢字を
一文字ずつ読んで、「これで、や、ま?」と
漢字に興味を持って聞いていました。

ひらがなもいいけれど、
漢字の方が象形文字や形意文字など
クイズみたいで子どもにも面白いみたいでした。

詩もすてきで、絵はないけれど、
まるで絵本みたいに
ゆったりと子どもと読めました。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

武田 双雲さんのその他の作品

書の道を行こう / しょぼん(書本)ひらがな



ねえ、「コワイ」って、もってる?

書本漢字

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット