モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
色彩に心奪われる、レオ・レオニの「絵本とマグカップ」のセット。贈り物にどうぞ。
ロジーナのあした
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ロジーナのあした

  • 児童書
作: カレン・クシュマン
訳: 野沢佳織
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年04月
ISBN: 9784198627263

小学校高学年から
B6判・272ページ

出版社からの紹介

19世紀末、アメリカ中部の大都市シカゴ。あたしたち22人の孤児は、養い親を見つけるために西部行きの列車に乗った。新しい家族なんて見つかるのかな…。家族を亡くし、心を閉ざした12歳の少女ロジーナは、引率の冷淡な女のお医者さんに頼まれ、年下の子どもたちの面倒を見るうちに…? 元気な少年たち、ロジーナを慕う少女、平原で暮らす貧しい家族…様々な出会いを通して成長する少女の、居場所を求める旅を、ニューベリー賞受賞作家が丹念に描く、感動作。

ベストレビュー

この当時の史実を元に

1881年、アメリカのシカゴで、22人の孤児が養い親を探すために、西部行きの列車に乗ることになりました。

この当時の史実を元に描かれたものです。

孤児院の数が少なく、孤児院に収容しきれない孤児たちの養い親を探すというのは、苦肉の策であったようです。

ポーランド人のロジーナ12歳は、その22人の中の一人でした。

ポーランド人ということで偏見もあり、なかなか養い親は見つかりません。当時は働き口を見つけることも難しく、身も知らない人の元へ嫁ぐ女性もあったようです。

ロジーナの賢さと勇気、最後まであきらめない強さが、ともすると暗くなりそうな過酷な話の中の希望のように思えました。

YAジャンルに入るものを読んでいますが、12歳でこの現実と立ち向かおうとする強さ、いちかばちかにかけてみる勇気に圧倒されました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

カレン・クシュマンさんのその他の作品

金鉱町のルーシー / アリスの見習い物語

野沢佳織さんのその他の作品

ウェストール短編集 遠い日の呼び声 / 真夜中の動物園 / ロス、きみを送る旅 / 隠れ家 アンネ・フランクと過ごした少年 / 〈天才フレディ〉と幽霊の旅 / 絶体絶命27時間!



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ロジーナのあした

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット