まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
みつばち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みつばち

作: 薩摩忠
写真: 今森 光彦
出版社: 世界文化社

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「みつばち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

思春期に起こりそうな出来事。4つの話。

小学5年生の主人公・道夫の「だるま」。小学校の高学年か、中学1年生くらいの年頃の主人公・研之介のところに届いた「手紙」の話。
中学1,2年生くらいの主人公ぼくとこうちゃんが主人公の「ひったくり」。春子と真理とミズキ(同級生の小学5年生)が主人公の「ミツバチ」という4つの短編からなる児童書です。

丘修三さんといえば、いろいろな「障害」についてのお話をよくお書きになる作家さんですが、この作品では、いわゆる「体の不自由な障害」を持つ人物は登場しませんでした。
ただ、各編、それぞれの年代で起こりそうな様々な問題を抱えた子どもたちを追ってゆくお話で、一般的な子どもたちにはうなずける部分が多いと思います。

先に描いたように、この物語は、小学校高学年くらいから中学生くらいの、難しい年ごろの子どもたちが主人公なので、
ぜひ、同年代のお子さんに読んでもらいたいです。
うちはとりあえず、上の子の朝読に持って行ってもらうつもりです。

同じボランティア仲間のお母さんが、この本をある中学で紹介したら、(たぶんどれか1編を読んだんだと思います)
泣きだしてしまった子がいたとか…。
読み手、聞き手のお子さんには、すごく自分たちに「似てる」と感じるものがあるのかもしれません。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

出版社おすすめ


薩摩忠さんのその他の作品

つきがみたはなし

今森 光彦さんのその他の作品

0,1,2歳ママバッグえほん だっこっこ / だれかさん / あれあれ?そっくり! / 世界のチョウ / ときめくチョウ図鑑 / どうぶつ島たんけん



『くろくんとちいさいしろくん』発売記念  イベントレポート&インタビュー!

みつばち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット