雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
花のき村とぬすびとたち(後編)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

花のき村とぬすびとたち(後編)

作: 水谷章三
絵: 西山 三郎
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1994年05月
ISBN: 9784494077755

3歳〜小学校3・4年生
B4判・26.5×38.2cm・12場面

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ぬすびとのかしらが弟子たちを村へおくりこんでいるあいだに、
一人の子どもが子牛をつれてきて、かしらにあずけました。

ベストレビュー

信用されること

前編のお話のつづきです。
ぬすびと集団の親分が新人たちの盗みを
待っていると一人の子供が
仔牛を預かってほしいと言ってきます。
ストーリー的に考えれば
盗人だから盗んじゃうのだろうと思うのですが
疑問を抱かずに自分を信じてくれた子供を
うれしく思って戻ってくるのを待ち続けるのです。
涙を流しながら…
人から信用してもらうことがなかったという親分の悲しさが
なんとも切なくなってしまいます。
そして盗人から足を洗います。
よかったよかったです
(らずもねさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水谷章三さんのその他の作品

紙芝居 馬になったむすこ / 七人のふしぎなじいさま / ワンダー民話館 ねこどんと ねずみどん / ももたろう / ごまひとつぶで… / ふうふうぽんぽんぽん

西山 三郎さんのその他の作品

紙芝居 花のき村とぬすびとたち(前編) / やまんじいとたろう / あのやまこえて かわこえて / かっぱとひょうたん / 鯨小学校 / 日本みんわ絵本のシリーズ ちいさなオキクルミ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

花のき村とぬすびとたち(後編)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット