新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
おべんとうがふたつ

おべんとうがふたつ

作: 伴弘子
絵: 伊藤 秀男
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

税込価格: ¥919

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1987年02月
ISBN: 9784494005222

ベストレビュー

上の子の弟に対する気持ち

上の子の弟に対する気持ちの変化が、三つの話に集約されていました。

児童書です。

私にも三つ違いの弟がいるので、上の子の気持ちはよくわかりました。

大人になれば、弟の気持ちを察することもできますが、何かと上の子のマネをしたがる下の子というのは、うっとおしく感じるものです。

私は子どもの時には弟の気持ちに気付かなかったけれど、弟の気持ちを感じるぼくが、すごいなあと思いました。

「がくげいかいのしょう」では、学芸会の歌を弟に邪魔されるぼくに同情し、「おべんとうふたつ」では、弟が一緒に遠足について行きたいという気持ちがわかったぼくの切ない気持ちに共感しました。

息子は弟がいない一人っ子なので、ピンときていないようでした。

伊藤秀男さんの子どもの気持ちをとらえた絵が印象に残りました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

関連記事

出版社おすすめ

  • みみカスいっか
    みみカスいっか
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    たっくんは、みみそうじが だいきらい。 そんなあるひ、どこからか こえが きこえてきて・・・・・・。



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

おべんとうがふたつ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら