ペンギンクルーズ ペンギンクルーズ  ペンギンクルーズ の試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
オセアノ・ペンギーノ号で行く、南の島クルーズの旅! 55羽のペンギン達と旅に出よう。絵さがしをしながら物語を楽しむ絵本。船の断面図は迫力満点。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

一緒に楽しい旅を
全ページお試し読みで読みました。 船…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おもいだしてくださいあの子どもたちを
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おもいだしてくださいあの子どもたちを


出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,165 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おもいだしてくださいあの子どもたちを」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

課題図書すばこ

ベストレビュー

読まなければ・・・

黒い絵本。表紙は日の差す道を歩く一人のこどもの後姿。
「おもいだしてください・・」
そう、この絵本はナチスによって殺されたユダヤ人の子どもたちの記録。
実際にあった大虐殺の歴史を淡々と記したもの。

まだ穏やかに暮らしていたころの人々の生活から
だんだん不穏な空気が漂い始める様子。
服にワッペンをつけることを強要され、家を追われ
道端に・・収容所に。やがて
そして犠牲になった子どもたちの顔写真が。

自分たちと変わらないふつうの市民に起こった出来事なのだ・・という
事実が深く胸に刺さります。
なんでもない日常がいつの間にか地獄に。
愚かな人種差別。
カメラを見つめるこどもたちの表情。

重くつらい絵本。
けれども読まなければ。
5歳の息子には難しすぎることは承知で読み聞かせました。
できるだけ簡単な言葉で説明しながら。
「こわい・・」といいつつじーっと聞き入っていました。
戦争はほんとうに嫌なもの。
この愚行を二度と繰り返さないためにも。
すでに絶版のようですが、このような絵本を作ってくれた作者や出版社に感謝です。
(10月さん 30代・ママ 男の子5歳)

出版社おすすめ




みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

おもいだしてくださいあの子どもたちを

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット