話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
妖精が丘

妖精が丘

  • 児童書
絵: エマ・チチェスター・クラーク
訳: せな あいこ
原作: アンデルセン
再話: ナオミ・ルイス
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

「妖精が丘」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年12月
ISBN: 9784566013650

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
20.8×15.4cm 150ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アンデルセン童話の傑作中の傑作9編を収録。よく知られているお話もありますが、ほかの本ではなかなかお目にかかれない風変わりなもの、今まで読んだことのないような種類のものもあります。美しくファンタジックな挿画とともにお楽しみください。

ベストレビュー

イラストもいいです。

アンデルセン童話の9話が書かれている絵本です。
知っているお話もあるかもですが、意外にレアなものもあり、目から鱗でした。
せなあいこさんの描くイラストも愛らしく、何度も開きたくなる、そんな1冊になるのではないでしょうか。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

関連記事

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

妖精が丘

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら