しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
歴史を旅する絵本 絵本 夢の江戸歌舞伎
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

歴史を旅する絵本 絵本 夢の江戸歌舞伎

  • 絵本
文: 服部 幸雄
絵: 一ノ関 圭
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「歴史を旅する絵本 絵本 夢の江戸歌舞伎」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

華やかで細密な絵で、江戸中村座の一興行のすべてを再現しました。描かれた江戸の人たちにまじって、ゆっくりと歌舞伎全盛の舞台をご体験下さい。巻末に、解説と詳しい絵注を付けました。研究者と画家が8年の歳月をかけた渾身の知の絵本。

ベストレビュー

江戸時代の芝居小屋へタイムスリップ

この絵本を開くと、江戸時代の芝居小屋へタイムスリップします。
狂言作者の見習いとして鶴屋南北に入門した千松くんを探しながら、舞台裏、楽屋、客席などを見て回ることができます。

現代の歌舞伎座の印象と、比べながら見ました。
非日常の絢爛豪華な世界であることは、昔も今も変わりありません。
今ほど多様な娯楽がなかった江戸時代、大衆が芝居見物を思いっきり楽んでいたということがよくわかります。
電気もなかったというのに、とんでもない仕掛けで観客を沸かせていたんですね。
このエンターテイメントが伝統として、現在の歌舞伎興行にうけつがれていることに、感慨深いものがあります。

絵が緻密で、描かれている一人一人の人物像が思い浮かんできます。
今まで一ノ関圭さんを知りませんでしたが、他の作品にも興味がわきました。
最後の「絵の注」は大変勉強になりますが、字が小さくてなかなか読み進めず、苦労しています。
本編の絵とともに、時間をかけて読みたいと思います。

(みいのさん 50代・ママ 女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


服部 幸雄さんのその他の作品

和食のすべてがわかる本(3) 懐石料理を知ろう 和食とおもてなし

一ノ関 圭さんのその他の作品

おおふじひっこし大作戦



どんぐりころころ どんぶりこ〜 まるごと、うたえる絵本!

歴史を旅する絵本 絵本 夢の江戸歌舞伎

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット