新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ロングセラー
おばけとホットケーキ

おばけとホットケーキ(くもん出版)

おばけといっしょにホットケーキを作ろうよ! 手と声を使ってお話を楽しむ絵本

  • かわいい
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
星の子

星の子


出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,602

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「星の子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1981年05月
ISBN: 9784593501465

ベストレビュー

大人になってから読んで、感動しました。

表紙はカラフルで真ん中に赤ちゃんがちょこんと眠っている絵で、なんとなく購入した絵本でしたが、開いてみると絵が不気味で文章も少し長いので、長年読まず嫌いして本棚に眠っていました。
あるときふと手にとって読んでみると、お話の世界に引き込まれ、ストーリーの美しさに感動しました。読後はしばらく余韻にひたるほど、すてきなお話でした。
天から降ってきた星が落ちたところに眠っていた赤ちゃんを、貧しい木こりが引き取って育てます。その子は美しく成長しますが、自分は星から来た貴い身分だと威張る、性格の悪いこどもに成長します。ある日女乞食がやってきて、星の子を自分の子だと言うのですが、星の子は怒って冷たく突き放します。すると美しい星の子は醜い姿になってしまうのです。これは母親を邪険にした罪だと思った星の子は、世界をめぐってでも母親を探し出そうと旅に出ますが…。その旅を経て星の子は、優しい心をもった人間へと変わっていくのです。
最後はハッピーエンド。星の子の心の成長が胸にじ〜んとくる、とても素敵なお話でした。
作者を見ると、オスカー・ワイルドではありませんか。さすがはオスカー・ワイルド。大満足の一冊です。
(げがんさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子2歳、男の子0歳)

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

星の子

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット