雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
アニーのかさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アニーのかさ

訳: 武富 博子
著者: リサ・グラフ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アニーのかさ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年07月
ISBN: 9784062163798

四六判 255ページ

出版社からの紹介

わたしのかさ、ちょっと閉じてきたかもしれない……
大好きな兄を亡くした少女アニーの心模様を、あたたかいまなざしで綴る全米話題の感動作!

「ねえ! 話したいことってなあに?」わたしはにっこりした。レベッカはわたしの思いつきをぜったい気に入るはず。「あそこにね……」わたしはレベッカの後ろの、幽霊屋敷を指さした。「どうやって入りこんだらいいか、わかったんだ」――<本文より>

ベストレビュー

人は悲しみを乗り超える力

五か月前に兄が亡くなり、それから自分の健康のことばかり気遣うようになった10歳のアニー。

アニーは感受性が鋭く、

「悲しそうな、心配そうな、ちょっぴりかわいそうっていうのがまじっているような目つき」で自分を見る人を見分けるのです。

幽霊屋敷と呼ばれる家に引っ越してきたフィンチさんとアニーは話すようになってからのアニーの心の変化が見事に描かれています。

自分の家族が突然亡くなったら、普通通りに生活できるようになるまでには時間がかかります。それを日にち薬と私の亡くなった母は言っていました。

元気で健康状態のような時には、心は人にも大きく開かれていますが、逆に精神が弱っている時には、心は閉じざるを得ないのです。

それが自分の心を守る方法だからです。

でも、人は悲しみを乗り超える力も持っています。

それは一人では働かないものなのかもしれません。人は支え合って生きています。

辛い時、悲しい時、そばに心に寄り添ってくれる人と話をすることができたら、悲しみを乗り越える力が発揮できるのだろうと思いました。

母が突然亡くなった時に、多くの人が声をかけてくれてまた話をしていれたことが私が悲しみを乗り越える力になったことを思い出しました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


武富 博子さんのその他の作品

動物探偵ミア (7) ひみつのたからさがし / 動物探偵ミア(2) ちいさな島の転校生 / 動物探偵ミア(1) 動物探偵ミア / 魔法ねこベルベット(1) 学校へようこそ! / いちばんに、なりたい! / キャンプで、おおあわて



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

アニーのかさ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット