だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
学習漫画 世界の伝記 一休さん とんちで名高い禅宗の僧
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

学習漫画 世界の伝記 一休さん とんちで名高い禅宗の僧


出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「学習漫画 世界の伝記 一休さん とんちで名高い禅宗の僧」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1989年09月
ISBN: 9784082400071

菊判 144ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

飢えや病気に苦しむ人の仲間であった、とんちの名人・一休さん。禅宗の一派・臨済宗の名僧として、生涯自由な魂を持ち続けた。

ベストレビュー

とんちが楽しいですね

とんちで有名な一休さんの学習まんがになります。

このシリーズは、時代背景などもわかるように、随所に写真が
入っていたり、欄外に解説が入っていたり、カラーページも多く、
とても見やすくなっています。

一休さんは、テレビアニメでしか見たことがなかったのですが、
悲しい生い立ちから始まり、悟りを開くまでの苦悩、そして
もちろん、楽しいとんちのエピソードも幾つかあり、息子も
一気に読んでいました。

息子はこの本で、「托鉢(たくはつ)」という言葉を初めて
知ったようで、「たくはつって何?」と質問してきたことから、
家族みんなで一休さんのようなお坊さんの生活について話を
する機会もあったりしました。

貧しい人々を愛し、人々から慕われた一休さん。
是非多くの子ども達に読んで知って欲しいと思います。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




ねえ、「コワイ」って、もってる?

学習漫画 世界の伝記 一休さん とんちで名高い禅宗の僧

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット