おおきくなったらきみはなんになる? おおきくなったらきみはなんになる?
文: 藤本 ともひこ 絵: 村上 康成  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
絵本ナビ限定・ももんちゃんタオルも販売♪ 『だいすき!ももんちゃんフェア』開催中です♪
わっしょい のはらむら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わっしょい のはらむら

作・絵: 工藤 直子
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,450 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「わっしょい のはらむら 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784887471030

136頁

出版社からの紹介

「のはらうた」が生まれて、25年以上がたちました。のはらむらのみんなが「絵も描いてほしいな」とせがむものですからかまきりりゅうじくんやふくろうげんぞうさんの似顔絵を描きました。みんなは「うまい、うまい」と誉めてくれましたよ!

300篇以上もの詩からなる「のはらうた」。その中からくどうなおこさんご本人が57篇を選び、そのひとつひとつの詩にイラストを描いたまさに「のはらうた」の決定版

ベストレビュー

コンパクトに選抜された《のはらむら》

まだ、子どもたちには読んでません。
この間、図書館に行ったときに新刊コーナーにあったこの詩集が「バ〜ン」と目に飛び込んできて、思わず借りてきちゃいました。

本好きの方ならだれもがよく知っている「工藤直子さんの《のはらむらシリーズ》」の選抜集(?)でした。
少々小さめの本ですが、《のはらむら》の人気者たちが描かれた工藤さんのイラストが可愛いです。

中身は全部、一度《のはらむら》シリーズに載っていた詩ばかりですが、改めて選ばれているため、各ページにその詩が《のはらむら》の何巻目何ページに載っているか、注釈がついていました。

今回選ばれていた詩は、わたし好みのものがたくさん載っていて、
《のはらむら》シリーズ全巻を買いそろえるのは金銭的にも、本棚のスペース的にも難しく、今まで読みたくなると図書館で借りてきていたのですが、この本1冊なら、十分おけるし、好きな「詩」満載なので、お得感もあります。
なので、今回は借りてきましtが、近々購入しようと考えています!!

特に、前読んだときは特に気にならなかった《いのししぶんた》の
『まっすぐについて』という詩は、今回、まっすぐに私のハートを貫いてきました。
コンパクトにおさまった《のはらむら》、お薦めの1冊です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


工藤 直子さんのその他の作品

さとやまさん / 密林一きれいなひょうの話 / 絵本で出会う星の王子さま / てつがくのライオン / おいで、もんしろ蝶 / 地球パラダイス



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

わっしょい のはらむら

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット