モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
もりのおばあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もりのおばあさん

  • 絵本
作: ヒュー・ロフティング
絵: 横山 隆一
訳: 光吉 夏弥
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「もりのおばあさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年
ISBN: 9784001151091

4.5歳以上

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さな川の小さな橋のたもとに,タッブスおばあさんが住んでいました.長年住みなれた小さな家を追い出されたおばあさんを助けようと,犬のパンクやアヒルのポンクが大活躍をします.

ベストレビュー

撃退法は偶然でした

「ドリトル先生」シリーズのヒュー・ロフティングと、「フクちゃん」の横山隆一に組み合わせ。
話も楽しく読みました。
おばあさんと一緒に暮らしているブタとアヒルと犬が、家を追い出されて困ったおばあさんを助けようとします。
おばあさんに恩のあるネズミやツバメが協力してくれますが、歯が立ちません。
そして、解決してくれたのは…。
以外にも予想外の偶然でした。
次に何が出てくるのかと思っていただけに、この展開はとても楽しいです。

ドリトルシリーズを読みあさった小学校時代ははるか昔のことですが、ロフティングの描く擬人化された動物がとても印象に残っています。
ドリトル先生の絵でないところが、また違った感覚です。
横山さんにしても、フクちゃんを書いていた漫画家のイメージが強いので、この絵本には意外性がありました。
この本は意外感のアラカルトが楽しめます。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヒュー・ロフティングさんのその他の作品

トミーとティリーとタブスおばあさん / タブスおばあさんと三匹のおはなし / ポプラポケット文庫 ドリトル先生 / ドリトル先生アフリカへいく / 岩波少年文庫 ドリトル先生物語1 ドリトル先生アフリカゆき / 岩波少年文庫 ドリトル先生物語2 ドリトル先生航海記

光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版)



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

もりのおばあさん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56




全ページためしよみ
年齢別絵本セット