あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
だいすきだよ、ハッチさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいすきだよ、ハッチさん

作: アイリーン・スピネリ
絵: ポール・ヤロウィッツ
訳: こみやま みのり
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「だいすきだよ、ハッチさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996
ISBN: 9784198604295

ベストレビュー

バレンタインには必須の絵本

 ハッチさんは一人暮らし。くつひも工場で働いています。誰も友だちを作らず、朝起きて、工場で働き、毎日変化のない同じことを繰り返す日々を送っていました。そんなある日、ハッチさんに思いがけない贈り物が届きます。それは大きなハート型の箱に入ったバレンタインのチョコレート。「あなたが好きです」というメッセージも一緒でした。送り主は誰だかわかりません。でもその日から、ハッチさんは180度大変身。明るくなり、友だちもたくさんでき、誰からも慕われる人気者になりました。ところが数日後、その贈り物は間違って配達されたことがわかり……。
 人気作家スピネリのバレンタイン絵本。残念ながら日本では重版未定なので、古書店で探しました。米国の小学校や図書館で、バレンタインと言えばこの作品が上がります。91年初版の比較的新しいバレンタイン定番絵本ですね。淋しいハッチさんと周りの人々の友情を描き、最後は心温まります。邦訳用に画家のヤロウィッツが新しく表紙を描き直しました。原書の方が、ピンクの巻きリボンがにぎやかな、バレンタインらしい表紙です。
 息子はすでに学校で読み知っていましたが、一昨年あたりのバレンタインに原書を彼に送りました。絶対、日本語でも読んでみたいと思い、ずっと探してやっと先週手に入れることができました。
 物語からはスピネリらしい内容の濃いメッセージが伝わってくるし、イラストもすてきだし……、どうして重版未定なのかなと疑問に思います。
(ムースさん 40代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す

アイリーン・スピネリさんのその他の作品

ここがわたしのおうちです

ポール・ヤロウィッツさんのその他の作品

なんきょくのサンタさん



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

だいすきだよ、ハッチさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38




全ページためしよみ
年齢別絵本セット