もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ぼくのせなかにのせてってあげる!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのせなかにのせてってあげる!

作・絵: 市川 里美
訳: 堀内 紅子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのせなかにのせてってあげる!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784198607920

5歳から

出版社からの紹介

ひつじのベンジーは、自分の住んでいる牧場にあきあき。丘の上を見ると風船があがっていて、楽しいことがありそうです。友だちの女の子ノラに「ぼくもつれていって」と頼みこみましたが…。多くのファンを持つ実力派絵本作家が、新たな表現方法に挑戦! 子どもの気持ちをとらえた楽しい一冊

ベストレビュー

海外旅行に行ったみたい

市川里美さんの絵本は、風景が外国で、色も優しい色使いなので、読んでいてどこか外国に旅したような気分になります
この物語は、牧場の外に一回も出たことのない、羊・ベンジーが、岡の家で行われている誕生日パーティーに、ノラという女の子と出席するというお話です。
ベンジーは子供たちに大人気です。みんなと一緒にケーキを食べて、大満足で帰ってきます。
そして、ノラは最後に、いつでもベンジーが牧場の外に出られるように、戸を開けたままで帰って行きます。
明日はどこに行こうかなあ〜そんな期待で胸をふくらますベンジーをみていると、こちらまでワクワクしてくる絵本です
(かおりNさん 20代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

市川 里美さんのその他の作品

ぼくの島にようこそ! / マンモスのみずあび / なつめやしのおむこさん / ペンギンのパンゴー / 森からのよびごえ / ママ、なんで?びょうきのママにききたいの

堀内 紅子さんのその他の作品

わたしの世界一ひどいパパ / さかさま川の水(2) ハンナ / さかさま川の水(1) トメック / 福音館文庫 ソーグのひと夏 オリヴィエ少年の物語 3 / 福音館文庫三つのミント・キャンディー オリヴィエ少年の物語 2 / 福音館文庫 ラバ通りの人びと オリヴィエ少年の物語 1



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

ぼくのせなかにのせてってあげる!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット