だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
もうこわくない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もうこわくない

作: マリー・ウァブス
訳: 安藤由紀
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「もうこわくない」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ベルギーで出版され、世界中で翻訳された衝撃の問題作!幼児虐待、性的虐待をふせぐ絵本〜訴えるすべを知らず、自分の身に起こったことさえ理解できない幼い子どもたちのために〜仲のよいはずのおおかみさんが時々おかしなことを強要したり、乱暴するようになりました。こぐまのミューは、勇気をもって「やめて」と言おうと決意します。子どもたちのほんとうの勇気を育てる絵本。

ベストレビュー

勇気を持って

表紙のクマがかわいらしくて、長女が読んでと持ってきました。
まだあかちゃんぐらいのこぐまのミューは、オオカミの友達がいます。抱っこしてくれたり、ぺろぺろなめてくれたり、背中に乗せてくれたりします。けれど、時々嫌なことをしたり、乱暴になってミューを怖がらせます。ミューが誰か助けてと言ったら、おおかみは誰にも言うな、言ったらお前を食べると脅しました。でも、おおかみがしたことは安心してみんなに教えましょう・・・というお話。

え?なんだこれは??と衝撃的な内容でした。よく見ると、作者が、虐待を受けた親しい友人に捧げたものだそうです。訳者もいじめや虐待へ介入している方なんですね。
裏表紙に「ゆうきをもって」と、あります。勇気を持ってイヤだと言える様に、強い心を育てる物語だと・・・。

今の世の中、本当に何が起こるかわかりません。自分の身を守る必要性については、早いうちから教えてあげる必要があるかもしれないと、考えさせられました。
(ぽぽろんさん 20代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安藤 由紀さんのその他の作品

いいタッチわるいタッチ / 紙芝居 おかえりなさい はなくまちゃん / 紙芝居 いっしょにあそぼ! / Say“No!” “やめて!”といおう −悪い人から自分をまもる本− / わたしがすき / いいタッチわるいタッチ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

もうこわくない

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット