バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ
ウッカリとチャッカリのおみずやさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウッカリとチャッカリのおみずやさん

作・絵: 仁科 幸子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ウッカリとチャッカリのおみずやさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784097264446

A4判/32頁

すてきな新キャラクターが活躍する絵本
森や精霊をテーマにした作品を中心に童話・絵本の制作をしている仁科幸子さんは、これまでパステル画でソフトな雰囲気の絵本が主でした。今回は、低年齢の子ども向けに、自由でのびのびした画風で仕上げました。ちょっとした日常の出来事の中に隠された不思議や、何気ないきらめきを表現することが得意な仁科さんの今回のテーマは、森に住む小さな生き物たち。いつもそそっかしいウッカリさんと、いつもしっかりしているチャッカリさんの物語です。
森に住む、いつもそそっかしいウッカリさんと、いつもしっかりしているチャッカリさんが、雨上がりの朝、木の葉にたまった雨水を集めて、「おみずやさん」を開くことにしました。ウッカリさんとチャッカリさんのおみずやさんは、甘くておいしいって評判です。カタツムリや、カエルの親子が続々とやってきて大にぎわい。小さな子どもたちが繰り返し楽しめるファンタジックなお話です。

ベストレビュー

タイトルがおもしろい

ウッカリさんトとチャッカリさんのコンビがおもしろい
美味しいものがのしずくを集めるんです   甘くて美味しいんですって
二人のコンビが水を売るお仕事をしているのですね

花のしずくも美味しそう  商売上手です

「みんながにこにこする おみせ 」
「はなの みつやさん ひらこうよ」  夢いっぱいの店ですね

ところで ウッカリさんはウサギじゃないし・・・・誰かしら?
ちょっと気みなりましたが・・・??

仁科さんの絵も夢いっぱいです
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


仁科 幸子さんのその他の作品

のねずみポップはお天気はかせ / クモばんばとぎんのくつした / ポンテとペッキとおおきなプリン / しあわせアパート / うさぎぶんこのおおかみくん / ゆきのこうま



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ウッカリとチャッカリのおみずやさん

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット