ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ぼく、グジグジ

ぼく、グジグジ

作・絵: チェン・チ−ユエン
訳: 宝迫典子
出版社: 朔北社

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784860850180

出版社からの紹介

アヒルの巣の中へ、コロコロ転がってやってきた大きなたまご。かあさんアヒルは大切にあたため続けました。やがて、たまごがかえる日がきました。
……。

愉快で頼もしいアヒルワニのグジグジが活躍する絵本。
家族や友だちと一緒に楽しめる、心温まるすてきなお話です。

ベストレビュー

影の主役はお母さん?

台湾の絵本作家の本は初めて読みました。
アジア的というより、西洋風な香りがしました。
ワニの子供グジグジは、卵の頃に風に流され、偶然アヒルの巣で生まれ、母さんアヒルに他の子供達と同じ愛情で育てられたので、すっかり自分も「ちょっと姿の違うアヒル」、くらいに思ってくらしていました。
ある時、他のワニ達に出会い、自分(グジグジ)がワニだといわれて、ショックをうけます。
そして、自分の家族だと思っていたアヒル達をワニの仲間の餌として誘い出せと、持ちかけられて悩みます。
最終的にグジグジは、ワニたちをやっつけるいいアイディアを思い付き、アヒルの家族を守ります。
これはグジグジが、主人公のお話だけど、本当の主人公はグジグジのお母さんではないでしょうか?
もしも、グジグジのお母さんが、あの「みにくいアヒルの子」と同様、他の子と違った態度をとって育てていたら、この物語の結末は違っていたでしょうね。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • アイスゆうえんち
    アイスゆうえんちの試し読みができます!
    アイスゆうえんち
     出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    ”つめたいおきゃくさま”しか入れない”アイスゆうえんち”。どんな楽しいことが待っているかな?

宝迫典子さんのその他の作品

中国の昔話 九色のしか / カタカタカタ おばあちゃんのたからもの / おこりんぼうのアングリー / あわてんぼうさん / あなたが好き / 地下鉄 Sound of Colors


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ぼく、グジグジ

2022年この夏読みたい絵本・児童書 レビューコンテスト

ぼく、グジグジ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット